読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりとひととつながりたい、とおもった。
かつて、ダイアリーだとか、アンテナとか、スターでつながった
インターネットのおともだちは、
今はtwitterに移行してしまっていて、
たしかにつながりはあるのだけれど
それは大量消費社会のような、たくさんたくさん拾って
少しだけそのひとがわかる、そんなツールだなと感じていて
 
やっぱりある程度の密度と、
そのアカウントとして完成させようという意図のある
紡がれた文章のある場所が恋しくなったのだった。
 
リアルにも、ネットにも少なからず公開している
アカウント名で日記を書くのは抵抗がある。
でも、それでわざわざ探し出して
僕を分かろうとおもっているひとを疎ましくおもうのは
違うよな、と思い直した。
 
Webをふらふらするようになってから
いろんなところに帰属意識を持ったけれど
現存しているサービスははてなだけだ。
だから、ならば。
 
ゆっくりと自分と向き合うために、
ここに居よう、とおもった。
僕が僕でいれば、だれかが見つけてくれるだろう。