読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

端倪すべからざる

この歳にもなると初めて見る熟語、ましてや皆目見当がつかないようなものには

そうそう出会わない。

久しぶりにそういう出会いがあったのは

「端倪すべからざる」

なる言葉だった。

 

覚えたての言葉をなにかで使いたいな、と思いつつ数日が経ってしまった。

ふだん使う言葉とはかたさが違うから、どうしても浮いてしまう。

やわらかい言葉は、かわいいし、やさしいけれど

どこかにかたさを入れないと、響かない。

呼吸のようなリズムがないと、吸い込めない。

 

そんなことを、とりとめもなく、ほの暗い昼下がりに思っていた。

夕方には、夕立でもなく、にわか雨がぱらつくような、鈍色の日。