読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異常気象、の4文字をよく見かけるようになった。

洪水で痛ましい被害が続いたかと思えば、

今度は竜巻。

歴史の授業を思い出す。

「大きな飢饉や戦争の背景には、異常気象や火山の噴火などの自然災害が考えられます」

 

異常気象。

緑を、自然を適切に管理できれば防げるんじゃないかって

心のどこかで思っている。

木々を織り交ぜ多様な種類の植物を活かし

地表に水を蓄え、ゆるやかにそらに返し、

土をゆたかにし、命をはぐくむ

そんな場所が広がったら、もしかしたらおさまるんじゃないか、と。

やさしい雨や風を、暴力的にしたのは

人工物なのではないか、とも。

文明の恩恵にあずかりながら、それを否定するのはおこがましい。

わかってる。わかってるから

荒れた空模様を見ては、うろうろと

緑を、自然をもっと自由にしてやらねばと

自宅の植物に手間をかけては狼狽をしずめている。

緑に浸食されたかのような生活を手に入れたら、果たして安心できるのだろうか。