読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また年を重ねた

実家に置いてきた思い出の品を片付け始めた。

まずはふろくのシールとか、交換ノートとか。

幼い頃の、大切にしてた気持ちを再生しつつも

もうしがみつくほどの魅力はなくて。

 

思った以上に「こども」らしい面があったり

あくまで冷酷な考えをしていたり。

今も大切にしている言葉に出会ったときのメモや

自分の可能性を見限ってないからこその、壮大な希望

大人への不信、あこがれ、

世界が広がっていく新鮮さ

言葉にしておいてよかった。

 

日記と、手紙を残して、あとは処分することにした。

明日は同窓会だ。