読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アブラサスの「小さい財布」を使って1年がたった

アブラサスの「小さい財布」を使って1年がたった

 

以前にも使ってみてのレビューをしているけど*1

今回は、この財布になってからの生活の変化を。

 

財布を入れるためにバッグを持つ必要がなくなって、

なるべく身軽におでかけしたいな、と常に模索するようになった。

最近のおでかけグッズはこんな感じ

f:id:irnm:20140416173013j:plain

左側のカバンの中に、

財布、カードケース、ティッシュケース、モバブ、ケーブル、ケータイ、白湯を入れたタンブラー

を入れている。

 

カードケースの中身はポイントカードや診察券を入れていて、

その日使うものだけを入れるようにした。

最初のうちは、よく行く店舗のものだけを入れていたのだけど、

それすらも煩わしくなって、

ポイント倍増の日や、特売日にしか買い物をしないことに決めたことで

「その日使うカード」が決まるようになった。

ドラッグストアやスーパーはそういう日が決まっているから、

計画的に買い物をするようになったし、

そのためにストック管理とかもちゃんとやるようになった。

 

小銭のあまり入らない財布になったことで、

クレジットカードや電子マネーで会計することが増えて

現金をほとんど使わなくなった。

ネットで拾い読んで感心したことで、

「持ち歩く現金は年齢×1000円」というのがある。

この金額だけを入れて、小銭入れがぺったんこの状態のときが

一番しっくりくる。

 

お札が3つ折りになっちゃうのはちょっと不便。

なんだけど、現金あんまり使わないからいいかなと思っている。

 

この生活に慣れたら、次はこの財布、っていうか

マネークリップに近いものにしたい。

ミニマリストの必需品・超薄型木製ウォレット | roomie(ルーミー)

ケータイで電子マネーもクレジットカードも対応できるようにしたりして。

 

こんな感じで、大きなところでは

ポイントカードの使い方の変化と、現金を使わなくなったってとこ。

日々の身軽さは、この財布のおかげだと思う。