読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

休息の明かり

ずっと気になっていた本を読んだ。

頭がよくなる照明術 (PHP新書)

頭がよくなる照明術 (PHP新書)

 

 発売してすぐに、はてブで話題になっていたもの。

 

寒さがゆるくなったころから、

眼がものすごく疲れるようになった。

漢方の先生に相談したら、

「春は目が弱る時期なんですよ」と、

詳しい説明をしてくれた。

 

自然の摂理に則っているとはいえ、

疲れるのはちょっと困る。

ひどいときは、片目ずつ手で押さえながら生活をしている。

 

光源は見たくないし、

なるべく薄暗く過ごしたい

 

どうせ家の外では交感神経を働かせまくっているのだから

せめて帰ってきたときくらい、リラックスモードにしよう。

そう思って、いろいろ間接照明を考えていた。

 

プロの技のポイントは光の色・高さ・当てる場所

この本によると、リラックスモードのときの光は

オレンジ色・低い位置・人に直接当てない がポイント。

なんとなく感じていたのと同じだ。

 

夜、眠る2時間前から眠るための照明に切り替えないと、睡眠の質が悪くなることがわかっています

 理想的には11時には眠っていたい。欲を言えば10時には床についていたい。

じゃあ8時からオレンジ色の間接照明に切り替えていなきゃいけない。

パソコン作業やスマフォもよくない。*1

本書によると、眠る2時間くらいまえの入浴を勧められているから、

逆算して*27時までには夕食を終えていなければいけない…。

だめだ、破たんした。仕事から帰った時点で7時半を過ぎている。

じゃあ入浴のタイミングにそれほど根拠を感じないから、

仕事から帰ってすぐに入浴するとしてみたら。

胃もたれのことを考えて、食後3時間は寝ないほうがいいから

8時まで食事をして、11時就寝といったところか。

そうなると食事中にパソコンをいじるしかなくって、それもよくない感じがする。

そもそも空腹で風呂に入っていると貧血を起こすし。

やはり勤労は健康を害する。

 

もし、もしもの話

6時帰宅ができるような環境だったら。

帰宅後、食事の準備をして食べ終わって7時半くらい

食休み中にパソコンを開いて、

8時半近くに入浴、9時過ぎに寝室に行ける。

明かりを切り替えて、ラジオを聴きながらストレッチをしたりボディケアをして

10時には眠れる。すごい!

 

なんというか、健康に関する書物を読むたびに

わかっちゃいるけど出来ないんだよ!

というのをあまりに汲んでくれない。

健康法とかを押し付けてくる人に、

なんでやらないの!とキレられたりするけれど

じゃあ私の生活パターンの中に組込んでみてよ、と思う。

私にとっての娯楽を排除してまで、

効くかもわからないものを取り入れることはしないよ。

 

話が逸れた。

寝る前の明かりのこと。

ちなみに私の場合は、寝る30分前はスタンドをベッドの足元に置いてストレッチをしています。スタンドにはタイマーを設置。30分経つと照明が消えるようになっています。真っ暗闇だとすぐには眠れないのですが、10分ほどストレッチをして布団に入ると、まだ灯りのついている20分間で寝てしまうのです。

最悪、この30分の明かりの変化をつければいいのかなと思う。

 

この明かりも難しいんだけど。

勝手に難易度を上げているのはわかっている。

タイマー付のスタンドで望ましいデザインのが見つからない、

から電源タイマーを付けてみるにしても、電源タイマーがダサい。

リモコンのタイマーもあるけれど、リモコンも導入したくない。

そもそも床にそのまま置きたくない。

妥協する気はない。インテリアに「とりあえず」は敵だ。

 

廊下の明かりもダウンライトでなかなかにピーカンなので

できれば人感センサーのフットライトを置きたい。

コンセント直差しでかまわないから。

 

リビングにしても、たいていのコンセントはコーナーにあるから

直差しタイマー付で徐々に暗くなるような間接照明がほしい。

 

ポイントはわかったけれど、

具体的に購入できる・工作できる照明が思い当たらない。

まだまだ道のりは遠い。いつになったら安らげるのか。

 

 

*1:夜のインターネットがいちばんたのしいのに

*2:入浴は消化器官への血流を減らすのでよくない