読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

打倒・夏

暑さなんて平気。というキャラクターで通してきている。

エアコンなんてコンセント抜いてるし

扇風機だって持っていない。

サーキュレーターで部屋の空気を動かすことはあっても

身体に当てるなんてもってのほか。

汗もあんまりかかない。

 

と、言ってはいたが、

健康になったのかまだ耐性がついていないのか

近頃、暑い。

 

唐突だが、

道すがら不特定多数が「暑い」というときの

気怠さとうっとおしさが嫌いだ。

それ以上に、蒸し暑いことをただ暑いと称し

冷房をかける輩を何より憎んでいる。

多くの場合やるべきことは除湿だ。

それを暑いと発言することを法的に禁じてほしい。

 

ということで、

知能の足りない生き物のように

暑さにうだれているのはプライドが許さない。

どこまでも涼やかにありたい。

 

暑さ対策を思い出してみる。

  • 野菜ジュースを飲む

野菜ジュースに使われている野菜の多くは、葉野菜で、

体温を下げる作用がある。*1私は飲んですぐ身体が冷えるので、効果てきめん。

 

  • 日光を遮る

当たり前のことなんだけれど、やってこなかったこと。

日中雨戸を閉めると、帰ってきたとき涼しい。

帰ってから、ベランダの植物に水をやりつつ

窓を開けると、冷やされた空気が流れてきて気持ちいい。

ベランダの植物は順調に行ったらグリーンカーテンになる。

 

  • 汗をかく練習をする

普段汗腺がまともに使われてない寒がり体質の人は

本格的に暑くなるまえに汗腺を鍛えないと

身体に熱がこもる。私はそうだった。

半身浴でだらだら汗かくのから初めて、

ウォーキングで汗ばむくらいの運動が必要*2

これやっとかないと汗が臭くなるらしいし

冷房と外気で体感温度が馬鹿になってるときに

寒いのに身体が熱い、とかがあってもうめちゃくちゃ。

 

  • 白湯を飲む

身体が冷えてるから余計に暑く感じるんじゃない?

っていう持論。

冷やされる空間にいる時間のほうが長くなりがちだし

身体をあっためるのは熱がこもるのとは違う。

 

夏を攻略しよう。

気を確かに持って挑もう。

*1:根菜は身体を温める、とよく言われるように

*2:わかっちゃいるけどやれないことのひとつ