読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこで眠ろう

眠るのが下手だ。

たいてい浅く夢を見続けて、疲れて目が覚める。

夏なんか特に。

 

寝付けない夜に、ベッドを抜け出して

だけど行くところもなく、

前の家だと玄関前で丸まって眠るのが好きだった。

こんなところで寝ちゃいけない、

とだんだん眠くなってゆく背徳感。

浴槽の中で眠ってみたい、とも思う。

できればまるく、つややかな浴槽に

毛布だけ持ち込んで。すこし入浴剤のにおい。

 

よしもとばなな「キッチン」では

キッチンで眠るという画が描かれるが

まさにあんな感じ。

ブランケット症候群の場所を求めている。

 

水族館の水槽の前で眠ることにも憧れがある。

青い、ゆらゆら青い夜。

夜行性の生き物たちが元気に泳ぐ姿。

 

眠るのがもったいない夜がすきだ。

夜行列車の車窓。

旅行先の布団。

満点の星空。

 

眠れないなら、眠らない夜を楽しめたらいいのに。