読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもさだけが確かなものとして

本屋を散策していたとき、

珍しく購買意欲を掻き立てられる本があった。

かなり分厚い写真集で、1000円ちょっと。

ぱらぱら眺めてみてもいい感じ。

これでこの値段は買いだ。

 

でも、重たいんだよな。

 

衝動買いはしない性質なので

ひとまずその場は立ち去ったけれど

これをamazonで買うから

本屋が廃れていくのか、と

大変悩ましい。

 

本屋に改善すべき点は多々あれど、

あんなふうに最新の、

話題の書物がひしめく空間が手近にある

というのは大切なことだと思う。

もっと感情的に言えば、

私に必要な場所だ。

その気になれば、所有できるのだし。

 

普段、書籍は図書館で予約してかりる。

所有するのはそんなに好きじゃない。

所有するのであれば、読んだ先、

誰かあげるひとがいるか、寄贈するか。

 

そんな主義を持っているから、

なかなか購買意欲はわかない。

今回は、所有したらひと月以上幸福度が上がりそう

と思わせる内容だった。

こういう出会い、飛びついたほうがいい。

 

重たいことを煩わしいと思うこの身体が

ちょっと悲しい。