読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セグウェイに乗った

埼玉の森林公園でセグウェイツアーに参加してきた。

セグウェイツアー in 国営武蔵丘陵森林公園

 

セグウェイに乗るのは今回が初めて。

乗り物好きな友人の誕生日祝いとして、友人グループで参加申し込み。

午前10時からツアー開始だったのだけど、

森林公園駅までが遠いのと、

駅から会場までがバスを使うほど距離があるので、

わりと早起き。

バス間違えたので、入口まで炎天下直射日光のもとしばらく歩いた。

 

ピーカン照りの日だったので、

まず最初に保冷剤をタオルで包んで首にかけた。

ツアーインストラクターの方が

随時水分補給を声掛けしてくれるので、

熱中症対策はばっちり。

 

最初は10分くらい運転講習を受ける。

乗り方、止まり方、回り方、進み方。

最初は乗るだけでも怖い。でも、すぐ出来るようになる。

それができるようになったら、スラローム

車両感覚を掴んだころに、小休止。

降りると少し足がだるい。

いつもより体重移動を意識して立つ、それだけのことで

脚には負担がかかるんだと実感する。

 

ちなみに、セグウェイ、体重制限がある。

45kg~100kgちょっと

子どもは乗れないのはもちろんだけど、

軽い人が乗ると、坂を上れなかったりするとのこと。

私は飲み物を入れたリュックを含めてぎりぎりだったんだけど

コツを掴めばちゃんとついていけた。

重たい人は、逆に急制動になってしまうんだろか。

 

スペックについてもいろいろ聞いた。

最高時速 20km/h

連続走行距離 平地40km 山地35km

バッテリー充電時間 30min

販売価格 75万円

あのサイズのバッテリーにしては

かなり持ちのいい印象を持った。

 

木陰の濃淡をすり抜け、

慣れてきてたところで、

芝生の開けた丘に出る。

見晴らしのいい高台。直射日光。

夏の景色として満点のシチュエーション。

 

それでも、木陰をつくる栗の木は

すでに青々としたいがぐりをつけていた。

もう、秋の準備をしている。

 

自然と科学、両方を

おなかいっぱい学んだツアーだった。