読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月が欠ける夜に

回顧

秋もまた出会いと別れの季節で、

出会いによろこびながら、ふと喪失感に気が付いたりする。

 

忘れることが苦手だ。

怖いと言ってもいい。

人よりも多くの時間を、過去を思い出すために費やしてきた。

年を重ねるごとに、それは悲しみが増して

もう会うことができなかったり、

会っているのに関係性が違ったり、

どんどん人は変わっていってしまう。*1

 

みんな忙しくなって、

久しぶりに会うことしかできなくなってきた。

変わってしまったかもしれない友人に会うのは

すこし勇気がいる。

あの頃盛り上がった話題はもう古くて

私たちの関係性は、どんな話ができたのか

なんて本質を見極めようとしたりして。

ああでも、友人のことさえちゃんと理解していたのかさえ

揺らいでしまう。

 

どんな関係でいたかったのだろう。

ずっと友達でいるにはどうしたらいいんだろう。

理由をつけないと会えない距離が悩ませる。

ただ隣に居たいだけなのに。

 

 

 

*1:

 

「性格を変えることはできない」

と言い切るひとを不思議に思う。

こんなにも人は変わりゆくのに

そこに意識を介在させて操作することができないなんて

すべては環境のせいだと言うのだろうか。