読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水切りトレーを導入した

生活

以前話題に出していた

マーナの水切りトレーをずいぶん前に買っていた。


水切りトレー - あめつちたぐる ひかりのこと

 

結論として、マーナにしてよかったなと思う。

買ってすぐは、ころころと水の玉が転がってキレイだった。

なるべく洗っているんだけど、

今はそこまで玉にはならない。

ちょっとした水垢が落としきれてないのが原因と思われる。

でもこれ、リッチェルだったら

水はけのためのデコボコに汚れが入り込むんだろうな。

そうなったら洗うのも大変そう。

マーナはつるつるの表面なので、その気になったら

ちゃんと磨くことができるのがよい。

 

あんがい奥行がなくって、うちのシンクでは

もうちょっと奥行あるものにしてもよかったかもしれない。

お皿を重ねて、消毒用熱湯をかけるのに

お皿がはみ出ちゃったりしてるとお湯もはみ出るので

置き方が難しい。

 

結局吸水マットは捨ててなくて、

予備として保管しておいて、洗い物が多かったときの

補佐的に使っている。

普段は邪魔にならないから、これでいいかなと。

 

余談だけど、引っ越しの時に緩衝材として

キッチンペーパーを使ったので、それがウエスとして

大量の在庫を抱えている。

キッチンペーパー、一人暮らしを始めたときに買ったものを

結局一度も使わずに過ごしてしまった。