読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とれいゆつばさ に乗った

新幹線で、足湯に入れるという

とれいゆつばさに乗ってきた。

f:id:irnm:20150517143339j:plain

名につばさが入っているように、山形新幹線の観光に特化した新幹線。

運行は福島~新庄間。あえての東京を外しているあたりが長閑さのキモ(たぶん)

 

車内はこんな感じで、おしゃれ。

f:id:irnm:20150517144003j:plain

右側の4人がけのところでお土産広げているグループがいて

楽しそうでうらやましい。6人余裕で座れる座席に、広いテーブル。

わいわい旅行をするのには最適だなと思う。

 

さりげなく天井のさくらんぼがかわいい

f:id:irnm:20150517155247j:plain

最後尾の車両に足湯があって、

4人が足湯できる浴槽が2つ。1人あたり15分。

入りたいひとは1両手前のラウンジにて足湯利用券を380円で購入。

購入時に入浴時間の予約をして、指定の時間に行けば入れる仕組み。

オリジナルタオルと袋がついてくる。

 

靴下を脱いで、ズボンをまくって待機。

私の利用した時は、駅に停車して揺れないタイミングで入浴開始だった。

f:id:irnm:20150517150155j:plain

手すりもたくさん設置されていて、ふらつく不安はない。

ちょうど新緑、田起こしの時期で

明るい緑と田に張られた水のきらめきとが美しい。

地元では前日に田植えをしたけれど、山間部のここではまだ。

山と平地の気温の違いを目でも感じる。

 

足湯のあとは、湯上りラウンジで一息。

日差しの入る畳の空間。最高。

カウンターにはお酒が多種揃っているので、東北の銘酒を楽しむのにもうってつけ。

 

終点に近づいたころ、アテンダントさんからオリジナルストラップをもらう。うたたねしている間に配っていたらしい。間伐材を利用したかわいいストラップ。ほんと山形は商才あるよなあ。

山の間から時折顔を出す夕陽。いい時間に乗った。