読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東の空が明けるまで

目が覚めたら、まだ暗かった。

寝直そうと思ったのだけれど、妙に目が冴えている。

なんとなくtwitterを眺めて、オリオン座流星群の極大日だと知った。

先週の夜明け前の話。

 

すこし迷って、それから着込んで

近所の公園に星を見に行くことにした。

外に出たときにはすでに少し明るくて、もう見えないかな、と思った。

でも、角を曲がって、明るい星をみつけて、

また曲がって、小さな星も見えて。

この小さな星が見えなくなるまで、空を眺めることにした。

 

公園について、ベンチを陣取って、

東の空をぼんやりと見つめる。

明るくなっているから東はすぐに分かった。

いつもは方角なんて、意識しない。

 

ランニングする人、体操する人、そして通勤する人たち。

たくさんの人がいて驚いた。

まだ星のみえるようなこんな時間から

いちにちを始めているひとがいる。

かつては自分だってそうだったのに、手放した日常に驚く。

眠気を振り払ってする努力のもとに

社会の夜は明けるのだよなあ。

そのことに改めて感謝されることもないだろうに。

 

オレンジの滲む空に、小さな星も見えなくなった。

流れ星は見られなかったけれど、

でも、いい光景をみた。

 

ベンチから立ち上がって、

すっかり朝に塗り替わった街を歩く。

なにかを明けるように暮らしたい。