読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弘前桜まつり2016

今年も弘前に桜を見に行った。

初めて行ったのが2010年で、

例年より早く開花して都合がつかなかった去年を除いて

毎年通って、6回目。

 f:id:irnm:20160424094513j:plain

 

今回はJR東日本ダイナミックレールパックを利用

JRの交通機関と、おすすめ宿がパックになったもの。

弘前までの往復分の交通費よりも安かったので

宿代がタダみたいになった。

約2週間前の予約で、弘前周辺の宿は完売。

個人で予約しようとしたらもっと早くに完売しているので

すごいサービスだと感じた。

例年、少し離れた温泉地などに宿泊していて*1

今回初めて弘前に宿泊することができた。

 

新青森駅でホタテサンドを食べて、

お昼過ぎに弘前に到着。

やや小雨が降っていたものの、弘前城公園に着くころには

時折青空も見えるように。

 

f:id:irnm:20160423160321j:plain

 

 

ぐるりと城を散策して桜を堪能したあと、

毎年通っている居酒屋で桜肉を食べる。

意外なことに、青森は馬肉生産量日本4位で

個人的には他の名産地より甘い。

寒いから脂が多めなのだろう。

桜肉のさっぱり感はそのままで楽しめる。

 

夜桜の時間帯も人通りは減らない。

地元の人が多いようで、あちこちで同窓会状態だった。

桜をきっかけに偶然会えるって素敵だなと思う。

 

f:id:irnm:20160423211306j:plain

 

月も見え隠れする夜。

ライトアップされた桜は

天から舞い降りてきたかのように神々しかった。

 f:id:irnm:20160423213849j:plain

 

翌朝もひとしきり桜を眺めて歩く。

風が吹くたびに少しだけ花びらが舞い散る。

雲一つない晴天に、圧倒的なボリュームの桜が発光するようだ。

 

f:id:irnm:20160424103833j:plain

今日はきっと窒息しそうな花吹雪になるのだろう。

花筏*2が見られるのは、明日か、明後日か。

 

後ろ髪ひかれながら弘前を後にし、

青森駅まで移動して

ホタテを釣って食べ

温泉に行って、帰り道にジェラートを食べた。

ジェラートの嶽きびがとてもおいしくて

気を抜いてると何度でも「嶽きびジェラートおいしかったな…」と

つぶやいてしまった。

ちなみにこの嶽きび、弘前の桜まつりでも「嶽きみ天ぷら」として

屋台がいくつかある。

これを目当てに桜まつりに行きたいくらいおいしい。

 

新青森まで戻り、馬刺しの握りとおみやげを買って

新幹線でつまみつつ帰路。

 

f:id:irnm:20160424100301j:plain

 

  毎年綺麗に咲かせてくれる弘前の人々に感謝

 

irnm.hatenadiary.jp

 

*1:大鰐温泉浪岡温泉五所川原も候補に挙がっていた

*2:お堀を花びらが埋め尽くす景色。埋め尽くしてなお、木の桜は満開