読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫になります

火曜のドラマ「カルテット」を何度も繰り返しみている。

具体的には1週あたり5回は見ている。

逃げ恥だって2回しか見ていなかったのに

なんだってこんなに見てしまうのだろう。

 

ハマっているという意識はない。

そんなにテンション高く気に入っている訳ではなくて

心地がいいから、何度も見てしまうという感じ。

男性配偶者のことを「夫さん」と呼んだり、

家事をしているのが男性だったり、

「世の中の当たり前」に対して力を抜いて

アンチテーゼを示しているのが心地よい。

 

私は料理をしないのだけれど、

よく「それはおかしい」というような指摘を受ける。

いい大人が料理もせずに暮らしている、というのは努力の余地がありそうだけれど、

それ、私が男性であったとしても指摘していた?といつも思う。

男性がまったく料理をせずに還暦を迎えることだってあるのに。

 

最近インターネットで

旦那、嫁という呼び方はおかしい!というアレルギー反応をよく見るようになった。

私もそのアレルギーがある。養ってもらうことはないと思っているから余計に。

奥さん、家内もおかしいと思うし、もう全部連れ合いか配偶者でいいじゃん、と思っている。

「夫さん」という表現は絶妙だ。違和感が他人の配偶者を示す敬称がない、ということを気付かせている。

 

性別の「らしさ」を強要されない世の中になっていけばいいなー。

とゆるく考えながら、くすくす笑って見ている。