雷の日は、電線の下を渡り歩く。

そうすると、雷に打たれることはないのだ、と。

 

ずいぶん長い梅雨だけれど

うつむかないで、遅い夏を待ってる。