読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星を摘む

午前3時。

ペルセウス流星群を見るために起きた。

部屋の窓からのゆるい天体観測。

東の空にはもうオリオンが見えて、その横には金星だろうか、明るい星。

ペルセウスって、見えるんだっけか。もうずいぶん星座を忘れてしまった。

すばるを見るようにしてぼんやりしてると、さっそく一筋光った。

 

ぽつり、ぽつり、流れていく星。

そろそろかな、まだかな、と待ってようやくひとつ、といったペース。

期待しながら夜空をただ眺めている時間のなんと贅沢なことだろう。

一点を注視していると、視野が狭くなるし

ぼんやりしすぎていても見逃してしまう。

 その絶妙なバランスの上で、夜空を眺めて思い巡らすことが、願い事が叶うことにつながるのかもな、と思った。

 

  どこかで星に願いをこめている人の願い事が叶いますように、と考えているとき、また一筋が光った。